2007年12月26日

「めぐみ」の上映権を買い取った

北朝鮮・拉致問題:映画「めぐみ」、政府が上映権買い取り−−米制作会社から(毎日新聞)

拉致問題を幅広く国民に意識してもらうという観点からすれば、
この政府の行動はとても立派なことだと思う。

日本政府の行動がとかく停滞しがちに思われる拉致事件であるが、
こういう行動に出ることで「依然、関心はあるんですよ」と
示すこともできるだろう。

だからこそ、政府にお願いしたいのだが、
上映権を買い取ったからには、ぜひ幅広くこの映画を観てもらって、
1人でも多くの国民の関心を引き起こすことを強く願いたい。
まだまだ拉致事件は全部が全部解決などしていない。
今も多くの被害者がいて、日本に戻ってきていない。
その人たちが一刻も早く祖国の土を踏み、安らかに暮らせるよう、
国民の側から強く喚起できるための下地を、
この映画の上映によって積極的に作ってほしいと強く願う。

もちろん、政治的な行動も忘れずにお願いしたい。
posted by KAZZ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

どうでもええやんか

<自民党>執行部と小泉チルドレンが反目 衆院選公認調整で(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)

選挙区云々をどうするかなんて、結局は党の首脳陣が決めることで、
議員に専決権なんてないんだから、そんなに自民党が嫌なら
とっとと出ていって、民主党にでも何処にでも鞍替えすればいいだろうに。

そもそも、自民党に拾われて選挙に当選して今の立場にいるのは
他ならぬチルドレンの連中ではないか。
チルドレンと呼ばれる連中の中には、
例の郵政選挙で自民党に拾われる前に
民主党の公募にまで募集した者もいるようだし、
政治的信条に関して、このような連中はどうだっていいんだろう。

だったら、属する政党が自民党でなくても別にいいのではないか。

何だか、この連中の記事を見ていると
正直どうでもいいような気がする。

マスコミに踊らされ、有頂天になった挙げ句に今がある連中だ。
勝手にすればいいと思う。
posted by KAZZ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

平和だな

「UFO、存在の確認なし」政府が議員質問書で閣議決定(Yahoo!JAPAN/讀賣新聞)
石破防衛相もUFO論議、自民総務会長「いい加減にしろ」(Yahoo!JAPAN/讀賣新聞)
UFO対処「検討することになる」=石破防衛相の発言受け−空幕長(Yahoo!JAPAN/時事通信社)


なんか、日本って平和だな!


国会でUFO談義だもんな。


どうせなら、国会の場で

矢追純一と大槻義彦教授でも

対決させたらどうだい



さぞ、見物だろうぜ!



・・・アホらし。
ラベル:UFO 石破茂 防衛省
posted by KAZZ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

本日休載及び年末年始の予定

本日は更新をお休みします。

なお、年末年始ですが、
12月26日〜1月8日まで更新を休みます。

また、今年の2月末に身内の不幸がありましたので
年賀欠礼とさせていただきます。御了承ください。
posted by KAZZ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

人のせいですか?

年金公約「前首相の説明不足」 町村官房長官(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

あれこれ言われて逆ギレしているかの如き、
町村官房長官の言葉である。

つまり、この問題は今の内閣の責任ではなく、
前の内閣が悪いと、町村は言いたいらしい。
これを本気で言っているのだとしたら、
町村は途轍もなく責任意識の希薄な政治家であり、
その町村を閣内に置いている福田康夫は
もっと責任意識の希薄な政治家であると言えよう。

どうやら福田内閣というのは
都合が悪くなると、すぐ他人のせいにしてしまうらしいことが
今回の一件でよくわかった。

この調子では、他に何か問題が起きても
自分たちのせいではなく、全て他人のせいだと
この内閣では認識されるに違いない。

つまり、自分たちには一切の責任がないということが、
この福田康夫内閣の常識なのだろう。

何とも恐ろしい内閣を、我々国民は頭に戴いている。

内閣の失政が国民に責任転嫁される日も、近く訪れるかもしれない。
その時、我々はどうすればいいのだろう。
posted by KAZZ at 20:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

もっとドスの利いた人物を据えるべき

独法改革 24日に閣議決定 各省抵抗のまま決着も(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

思うに、渡辺喜美はナメられているのではなかろうか。
政府が抱える喫緊の課題と閣内ではわかっているのだから、
普通は閣僚がそれなりに協力してやるものであろうに、
非協力的な閣僚が目に付くというのは、
要するに渡辺がナメられているからに他ならない。

福田内閣がこの独立行政法人改革を徹底的に進めたいなら、
渡辺ではなく、もっとドスと睨みの利いた人物を
行政改革担当大臣に据えた方がいいだろう。
あんな軽量級の人物を据えるから、誰もまともに相手をしてくれない。

そう考えると、内閣の人選というのは
なかなか難しいものだと改めてわかるものだ。
ラベル:独立行政法人
posted by KAZZ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

まあ、御自由に

杉村太蔵議員強行「党公認いらない」無所属でも出る!次期衆院選北海道1区(スポーツ報知)

たとえ自由民主党の公認がもらえなかったとしても、
北海道1区から出て当選する自信がさぞお有りなのだろうから、
杉村には「どうぞ御自由に」としか言いようがない。

何をそんなにいきり立ってコメントを出すのか、
その理由がよくわからない。

いや、本当に勝手にすればいいではないか。
杉村自身も含む小泉チルドレンが冷遇されていることで
相当に腹を立てているのだろうから、見返したいのだろうし。

だったら好きにすればいい。
それでひょっとしたら、杉村の株も上がるかもしれないだろう。

もっとも、杉村がしきりに強調しているように、
議員の仕事が全うできるかどうかは別の問題なのだが。
posted by KAZZ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

あいのり

大阪府知事選 自公、民主候補に相乗りへ 太田氏出馬も?(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

まあ、まさか一度断念させた太田女史が
再び候補者として名を連ねるとは考えにくいのだが、
それにしても、民主党が推す候補に相乗りを考えているとは、
自由民主党と公明党は、よほど人材をお持ちでないらしい。

そもそも、民主党言うところの「実務家」とは
いったいどういう人物像を指すのであろうか。
ここのところがよくわからない。

そんな人物に相乗りしようというのだから、
自由民主党や公明党は、よほど人を見る目もないのだろう。

これまでに自由民主党が立候補をお願いした人物の人選を見ても、
西川きよし(タレント)、片山義博(前鳥取県知事)、橋下徹(弁護士)などと、
本気なのか冗談なのか今一つ判別のつきにくい人物ばかりである。
下手をすれば、そのうち河内家菊水丸にでも頼みに行くんじゃないか
などという荒唐無稽な空想すらできてしまうかもしれない。
(さすがにそんなバカはしないだろうが)

まあ、民主党がどんな人物を最終的に立てるのかは知らないが、
安易にそれに乗ろうなどというお粗末ぶりで、
本当に彼らは満足なのだろうか。

却って有権者から呆れられるだけのような気がするが・・・。


続きを読む
posted by KAZZ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

同じ名前の自治体はダメ?

「三好市」は名乗らないで! 徳島県の三好市が三好町に要請(Yahoo!JAPAN/中日新聞)

こういう事例で個人的に思い出すのは、
佐賀県の鹿島市と、茨城県の鹿嶋市についてである。

茨城県の鹿嶋市は、鹿島地域の複数の市町村が合併して
市制移行しようとした際に、「鹿島市」の名前を使おうとした。
当地にプロサッカーJリーグの鹿島アントラーズがあり、
そのことから「鹿島」の知名度が高いと判断したためでもあった。

ところが、先に「鹿島」を名乗っていたのが佐賀県鹿島市で、
茨城県の方がお伺いを立てたら「了承できない」となり、
仕方なく「島」を「嶋」にして同一化を避けた、
という事例があった。

今回のケースも、既に徳島県に「三好市」があるところに、
愛知県で「三好市」ができようとしていたという問題が起きている。

町村単位では同じ名前の自治体はあるが、
市になると、やはりいろいろ不都合なども出るのかもしれない。
難しい問題である。
ラベル:地方自治体
posted by KAZZ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

更新休みの告知と、ちょっとした愚痴

本日は更新を休みます。



続きを読む
posted by KAZZ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。