2008年02月20日

竹島の日によせて考える(2)

それにしても、日本政府の竹島に対する対応は、
例えば北方領土に対するそれと比べると、あまりに鈍いと言わざるを得ない。

例えば、外務省の竹島に関するサイト上の記述。

竹島問題(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/index.html

これしかない。関連団体のサイトへのリンクすらない。

一方、北方領土についてはどうか。
竹島のページに比べてリンクが少ないように思えるが、
記述については北方領土の方が多い。

北方領土問題(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/index.html

北方領土のページには関連団体として
以下の3サイトへのリンクが貼られてもいる。

内閣府北方対策本部
http://www8.cao.go.jp/hoppo/

北方領土復帰期成同盟
http://hoppou-d.or.jp/

独立行政法人 北方領土問題対策協会
http://www.hoppou.go.jp/


どちらに外務省が熱意を持っているか、
一目瞭然であると言わざるを得ない。


こうした現状をどうしたら変えていけるだろうか。

1つ、考えられることは、
現在は島根県の条例でしかない「竹島の日」を
国が制定する日にすれば良いのではないか、ということが挙げられる。

http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/reclaim/index6.html

毎年2月7日の北方領土の日は、閣議によって決められており、
文字通り、国が定めた日であるのに対して、
毎年2月22日の竹島の日は、島根県議会が制定した
島根県といういち地方自治体が定めた日に過ぎない。

北方領土にこれだけの熱意が持てるのであれば、
同じような領土問題である竹島の日だって
同じように熱意を持って取り組むことはできるはずだ。

それがどうしてできないのか。
北方領土と竹島との間にある埋め難い(と思われる)温度差は
いったい何処から出てくるのか。

この辺りを外務省には、いや、日本政府には改めてもらわなければ困る。
だって、そうしないと最終的に損をするのは、
他ならぬ我が国・日本なのだから。
posted by KAZZ at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

竹島の日に寄せて考える(1)

今日・水曜日・金曜日(竹島の日当日)の3回シリーズで
島根県が制定した「竹島の日」について考えてみる。
大したことは書かないが、しばしのおつきあいを願えると有難い。


Web竹島研究所
http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/

島根県は、以前から竹島についての記述を
県公式のWebサイト上で行ってきたのだが、
昨秋、上記の新たなサイトに生まれ変わった。

非常によくできた、まさに力作であり、
もっともっと多くの方に御覧いただきたいのだが、
実際に御覧になられた方は、どんな感想をお持ちだろうか。
少々お堅いイメージをお感じになられた方はいらっしゃらないだろうか。

例えば、もっと若い人たちにも取っつきやすい
そんなページがあってもいいような気がするのだが、どうだろう。
今のサイトのイメージは、若干厳めしいような気がする。
もう少し何か軽いイメージを持ったページがあると
若干ながらアクセスが上がったりするかもしれない。

一度、御検討願えると嬉しいのだが。
posted by KAZZ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

南極法なんて、誰も知らない

<南極法違反>鴨下環境相、PR不足認める(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)

そもそも、何故↑のような話になったかというと・・・

<南極法違反>極点到達の続さんらを事情聴取へ 環境省(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)

南極点に歩いて到達した女性と、南極最高峰に登頂した男性が、
それぞれ「南極地域の環境の保護に関する法律」(以下、南極法)を
無視する形でこれら偉業を行ったことが発端である。

もちろん、法律を無視したこと自体はいけないことだが、
そもそもそんな法律が存在すること自体、
あまりにも知られなさすぎている。

私だって、2番目の記事を読まなければ、
そんな法律があること自体、知らないままだったろう。


今回のような南極法に限らず、
我々が与り知らないところで法案が成立し、
法律となっているようなケースが
実は結構多いんじゃないかという気がする。

前々から、こういうケースは多いように見受けられるが、
政府からの周知徹底は残念ながら、一部のケースを除いて
ほとんど行われていないように感じられる。

そんなことで本当にこの国は大丈夫なのだろうか。

そのうち、とんでもない悪法がこっそり成立し、
周知徹底もろくに行われず、気がついたらそれが原因で
大変なことになってしまった、なんてことにならなければいいのだが。
ラベル:南極法
posted by KAZZ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

ダメ法案

下の記事から全文引用する。

人権擁護法案に反対続出=自民(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

 自民党の人権問題等調査会(太田誠一会長)は13日午前、党本部で総会を開き、人権擁護法案の今国会提出に向けて党内調整に着手した。しかし、出席者からは「なぜ法律が必要なのか理解できない」などと反対意見が続出した。
 冒頭、鳩山邦夫法相は「初めに法案(提出)ありきではない。フリーに議論してほしい」と要請。調査会幹部の岩永峯一衆院議員も「国民の関心の高いメディア規制条項は削除したい」と語った。
 これに対し、稲田朋美衆院議員は「広範な人権擁護法案を作った場合、表現の自由や政治活動の自由が脅威にさらされる」と指摘。衛藤晟一参院議員も「民主主義に対する弾圧だ」と主張した。
(上の記事から引用)


そもそもこの法律は何のために作られようとしているのだろう。
そこがよくわからなかったりする。

いったいこの法律で守られるものは何なのか。

巷間言われるような、ごく一部のものしか守られないのだとしたら、
この法律はない方がマシだということになるだろう。

法相は「法案提出ありきではない」というが・・・

鳩山法相、人権擁護法案提出に改めて意欲(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

・・・こういうことになってもいる。

これはどういうことなのか。

そんなに有益な法律だというのなら、
ぜひその根拠を広範に示してもらえないか。

・・・まあ、たぶん無理だろうとは思うが。
ラベル:人権擁護法案
posted by KAZZ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

本日の更新はお休みします

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

踏切を自作したおっちゃん

Nゲージとかのような鉄道模型の話ではない。
本当の鉄道に踏切を作ったおっちゃんがいる。

実家前に勝手に「踏切」73歳男逮捕(スポニチAnnex)
その拡大写真(スポニチAnnex)
JR芸備線に「私設踏切」(中国新聞)

もちろん、やってはいけないことであるし、
何より非常に危険な行為である。

・・・あるのだが、なんとなく気持ちはわかるというか、
厳重注意ぐらいで許してあげたら、と思いたくもなる。

踏切を自作したおっちゃんは73歳だそうだが、
何というか、凄まじいバイタリティではないか。
このバイタリティが別の肯定的な方向に向いたら、
という気がしないでもない。

よほどその道(?)を利用する機会が多かったのかもしれないが、
それにしたって、まさか自分で踏切を作るなんてことは
さしものJR西日本だって想定外だっただろう。

しかし、これがたまたま芸備線という
単線のローカル線での出来事だったからいいようなものの、
(もちろん、単線のローカル線でもダメなものはダメだが)
例えば山陽本線みたいな路線の沿線に住んでいても
このおっちゃんは同じことをしたであろうか。

むしろ、そっちの方が気になる。
posted by KAZZ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

本日の更新はお休みです。

本日の更新はお休みです。
posted by KAZZ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

発言のセンスがない

政治ネタばかりというのも気詰まりするので、
たまにはこんな芸能ネタでも。


「キレイな体」という「ピュア信仰」 倖田「羊水腐る」発言の背景?(Yahoo!JAPAN/J-CASTニュース)


発言の真意云々以前の問題に、
この発言に於ける女性としてのセンスの欠如はどうなの? という。

だって、自分が仮に女性だとしたら、間違っても、たとえ冗談でも、
「35歳を回ると羊水が腐る」みたいなことは口にしない。
そんなネガティヴなことを口にしても誰の得にもならないし、
仮にそれが結婚したらしい彼女の女性マネージャーに対する激励だとしても、
こんなコメントをされて、件の女性マネージャーが喜ぶとも思えない。

上にリンクした記事では「ピュア指向」云々が言われているが、
それ以前に、倖田の頭の中が(悪い意味で)ピュアなだけなのでは
などと邪推したくなる。
ラベル:羊水 倖田來未
posted by KAZZ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

本日の更新は休みます

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

もうお好きにしてちょうだい

「ブリッジ法案」一転回避 「年度内に一定の結論」斡旋案で与野党合意(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

何か知らんが、ゴチャゴチャやっている。
つなぎ法案を巡ってどうたらこうたら・・・。


もうお好きにしてちょうだい


そうとしか言いようがない。
政治のドタバタはもうウンザリだ。
posted by KAZZ at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。