2008年03月12日

ブルートレインの灯は消えゆく

さよならブルトレ、「銀河」も「なは」も14日夜で引退(讀賣新聞)

何だかんだ言って、これら3列車には乗ったことがないけれども、
せめて「銀河」は1回乗っときたかった列車の1つである。
とはいえ、もう乗ることは叶わないわけだが・・・。

昔の関西ブルトレは便数がムチャクチャ多くて、
いわゆるブルートレインの他に581・583系を使った列車もあって、
一部の列車は筑豊本線にも乗り入れたりするなど、
バラエティに富んだルートや編成だったのだが・・・。

一足先に日豊本線経由の「彗星」が廃止され、
「なは」や「あかつき」も廃止が近いかなと思ってはいたものの、
遂にこの日が来てしまった。


そして「銀河」の廃止。

思うのだが、この列車をもう少し延命して、
「なは・あかつき」に付随しているレガートシート車を編成につけたり、
JR東日本が「あけぼの」でやっている「ゴロンとシート」を
1両程度混ぜてみるなどということはできなかったのだろうか。

これだけでもかなり違うと思うのだけれど・・・。

まあ、廃止されるものを今更とやかく言っても仕方ないが、
それにしても残念なことである。
やりようによってはまだまだ需要は発掘できるはずだが・・・。
posted by KAZZ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

捜査一課に新チーム

警視庁、初動捜査強化へ月内新設 性犯罪・強盗、急派チーム(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

犯罪も今は昔に比べて多様化・広域化していて、
警察の皆さんも大変だろう。

そこで、このようなチームが新に警視庁捜査一課にできるという。

初動捜査を強化するための組織だそうだが、
このチームがうまく機能すれば犯罪検挙率も
上がっていくのではないか。
ラベル:捜査一課 警視庁
posted by KAZZ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

あんたが参加しようとしてる団体だろう?

橋下知事、「せんたく」参加の意向表明 「誘われたのでなく」(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

近頃、「せんたく」だか何だかいう団体が
ちょっとした話題になっている。
前三重県知事の北川正恭を代表として、
宮崎県の東国原英夫知事なども参加している団体だ。

で、そこに大阪府知事である橋下徹が参加したいらしい。

それはいいのだが、そんな「せんたく」の活動内容を
まだ精査していないのだという。

府議会の質問でそんな風に答えたそうだが、
仮にもこれから自分が入るかもしれない団体の活動内容を
「まだ精査していない」というのもどうなのだろう。

確かにそんな時間が橋下には確保できないかもしれないが、
それでも加入を前向きに考えているというのなら、
最低限、「せんたく」がどういう団体で何を目指しているのかぐらいは
しっかりと把握しておく必要があるのではないか。

それもしないで、アドバルーン的に「せんたくに入る」みたいなことを
言い出すのはどうかと思うのだが・・・。
posted by KAZZ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

目論見を誤ったmixi

私も加入しているSNSのmixi。
そこで規約の改定を巡って問題が起きている。

mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動(1/2)
mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動(2/2)
(以上、ITmediaニュース)

問題点は多岐に渡るようだが、端的に言うとこういうことらしい。
(mixi内「mixiの規約改定に異を唱える」のトピック、【今回の問題点まとめ】から引用)

・mixiにupしたすべてのものをmixiの都合で使用・公開しちゃうよ(許諾猶予は二日(笑))返事なかったら同意したって事で(笑)

・著作人格権放棄してね。改変する事もあるし(笑)でも、私たちが公開した内容の責任は、あなたがとってねw (勝手に歪められた内容を発表され、その訂正すら許されず、損害賠償などの責任だけ負わされる可能性)

・この規約の効力は過去にも及ぶからw(忘れているものや削除したはずのものが、知らない間に公表される可能性)

・裸を描写(文章でも)したら削除しちゃうかもよw性的描写とか関係無しに

・自称権利者(笑)が、削除申請してきたら、ホイホイと応じちゃうのでよろしく


wだの(笑)だのついているので、おふざけ感は拭えない印象だが、
実際のところ、これが最も的確なまとめであろうと思うので
引用させてもらった。


さて、これを踏まえて、mixiは何を間違えたのか。

法理論や法律の運用には疎いので、その辺からはあまり言えないが、
そのようなことを抜きにして考えてみるに、
mixiはユーザーによって自身が成り立っているという
最も根本的なことを何処かに置き忘れた挙げ句に
かかる規約改正をしてしまったのではないか、ということに尽きる。

つまり、こういうことだ。

mixiには少なからぬユーザーが存在し、
それらユーザーが自身の手でコンテンツを作り上げていっている。
それは例えば、日記であったり、レビューであったり、
写真であったり、動画であったり、いろいろと存在するのだが、
それらコンテンツに対してmixiはただ乗りをしようとしているのではないか、
という疑念が新規約の上から窺え、いくらmixi側がそれを否定しても
新規約の条文を改めるという具体的な行動が起きていない、
また仮に改めてもそれが果たしてユーザーの納得いくようなものに
なるかどうかの道筋が具体的に示されていないことが、
今回の問題の最も重要な点ではないか、ということだ。

あたかもmixi自身がユーザーから権利を取り上げ、
自身の利益として利用しますよと宣言しているように読めてしまうのが、
どうやら今回の新規約らしい。

過去にも、様々なところで著作権問題は起きてきたが、
またしてもこうした問題が起きてしまった背景には、
現行の日本の著作権法がデジタル化した現在のメディア社会に
合致しないものとなってしまっていることが大きいような気がする。

mixiの規約は規約として、早急に見直しが必要だが、
それと同時に現行の著作権法に関しても見直しが必要だろう。
実態と乖離した法律を根拠に何かをしようとすると
必ず現実との齟齬が生じてしまうものである。
そこら辺を、もっとしっかり議論できないものか。


以下、蛇足。

私も一応「mixiの規約改定に異を唱える」というコミュに加入している。
他にも同種のコミュは多々あるようだが、
いちいちそれらに加入しても仕方がないので、
表記のコミュへの加入に留めている。
現在、これを書いている時点で6,555人の加入者がいるようだ。
posted by KAZZ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

環境暴力団、跋扈する

「シー・シェパード」妨害活動、南極海の調査捕鯨船で3人けが(讀賣新聞)

この種の環境暴力団は、
無意味な正義感と一方的な価値観の押しつけが大好きで、
そのためなら何をしてもいいと思っている。
ことが環境問題だから、なおのこと始末が悪い。

このシー・シェパードなる連中は
そのような行為を平然とやって嬉々としている。
救いようのないアホとはまさにこのことであり、
どうにもならない連中だと考えられる。

こんなことをしても誰の得にもならないのだが、
シー・シェパードの連中はそう思わないらしい。
よほど思考回路が他に回らないのであろう。

こういう連中のおかげで、真面目に環境問題を考え
対策を実行に移そうとする人々が迷惑を被っていることに
彼らは今この瞬間でさえも気がついていない。
とても不幸な連中だと思う。

かかる暴力団を排除するところから、
環境保護の本当の戦いは始まる。

シー・シェパードやグリーンピースの連中は、
そのことを肝に銘じるべきだ。
posted by KAZZ at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

ロマンスカー、地下鉄へ

たまには、こんなネタも。

地下鉄に青い車体、小田急の新型ロマンスカーが試運転(讀賣新聞)
その拡大写真(讀賣新聞)

かねてからその動向が注目されていた
地下鉄乗り入れの小田急の新型ロマンスカーが
このほど千代田線内を試運転したそうだ。

地下鉄の空間に収まっている写真を見る限り、
ブルーの車体がキリッと引き締まった感じに見える。

主に平日のビジネス客を当て込んでの運行のようだが、
休日の運行量も恐らく相当数確保されているものと考えられ、
今後に期待が持てるような気がする。

また、この事例が成功したりすると、
例えば京王線に乗り入れている都営新宿線や
東急田園都市線・東武伊勢崎/日光線に乗り入れている
東京メトロ半蔵門線、更には京浜急行・京成本線に乗り入れている
都営浅草線などでも、同じような手法が採り入れられるかもしれない。
(浅草線はかつて実行していたことがあるようだが)

ちなみに運行区間は本厚木・唐木田〜大手町・新木場・北千住である。
posted by KAZZ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

本日の更新はお休みです

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

竹島の日を過ぎて

「竹島の日」記念行事 世論喚起訴え(山陰中央新報)

何というか、国民に対する周知が少なすぎますよね。
この問題の一番ダメな点は、まさにそこだと思うんですよ。
北方領土なんかに比べると全然少ない。
島根県は頑張ってるんですが、政府省庁レベルになると全然ダメ。
こんなことだから韓国にナメられるんですよ。

もっと全国民的な盛り上がりを喚起しなければいけません。
そのために大切なことは、政府がもっと積極的に
この問題に取り組んでいかなければダメだってことです。

政府には、もっと竹島を含む領土問題に関して
強い関心を持ってもらわなければいけません。
政府だけではなく、政治家も皆、同じように強く関心を持ってほしいです。

>県が昨年夏に行った県民意識調査で竹島問題に「関心がある」としたのは64・1%で、前年から5・3ポイントダウンした

記事の中にもあるこのような状態を改善するためには、
島根県民はもちろん、全国民が等しくこの問題に関心を持つことが大事で、
そのためには政治家及びそれを志す人々全てが、
竹島問題(及びそれを含む領土問題全般)について
しっかりした意思を示すことが重要です。

領土は国家のアイデンティティの1つだってことを
この際、明確にしなければなりません。
そのためにも、竹島問題が1つの契機になることを切に願います。
posted by KAZZ at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

竹島の日プロジェクト

竹島返還祈念看板・1 竹島返還祈念看板・2 竹島返還祈念看板・3

竹島返還祈念看板・4 竹島返還祈念看板・5 竹島返還祈念看板・6



前にやっていた2つのブログでも参加したことはあるが、
やはりその両者の系譜を受け継ぐブログとして、
このような話に参加しないわけにもいかないので、
参加することにした。

島根県には隠岐の島という島がある。
そこから北西方向に約157kmほど行ったところに、
竹島という2つの島が存在する。

そこは元来、日本固有の領土のはずなのだが、
何故か韓国がこれを勝手に支配し、不法占拠している。
許す日本政府も日本政府だと思うのだが、
興味が薄いのか何なのか、まともに対応する気配がない。

ところで、島根県では、
条例によって竹島の日というものを制定している。
毎年2月22日がその日である。

そこで、ブログをお持ちの皆様にお願いなのだが、
「竹島は日本固有の領土である」という点について賛同される方は、
そのことをブログに於いて、形は何でもいいので
アピールしてみてはもらえないだろうか。

期日は、今年の竹島の日、つまり2月22日まで。
皆様の創意工夫で様々なアピールをお願いしたい。

そうそう、こちらへのリンクもお忘れなきよう。




詳しいことは、こちらのブログエントリ(桜日和さん)を御参考に。

1人でも多くの方の御参加をお待ち申し上げる。



なお、本エントリは竹島の日当日の23:59:59まで、トップに掲出しておくこととする。
posted by KAZZ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹島の日に寄せて考える(3)

竹島返還を願う看板プラスアルファ
竹島


竹島の写真を御覧になられたことがある方は、
果たしてどの程度いらっしゃるだろう。

下の写真がそれである。
2つの岩礁を中心とした島だ。

人によっては、この程度の岩礁なんぞ韓国にくれてやれとか、
そのように思われる方もいるかもしれない。

しかしながら、そのようなことをしたら、
他の領土問題にも少なからぬ(負の)影響が及んでしまう。
北方領土にしたって、尖閣諸島にしたって、
「竹島であれだけ及び腰なんだから」と
相手国にナメられてしまうのがオチで、
そうなればもうあとは相手国ペースで話が進むだけだ。

だが、そのようなことは断固として許されるべきではない

何故ならば、明らかに竹島は日本固有の領土であり、
それは韓国が如何に文句を言い、不法占拠しようとも
変わりようのない事実なのだから。
同じことは北方領土や尖閣諸島などにも言える。
あれらも大切な日本固有の領土なのだ。


島根県民の人も、そうでない人も、これだけは理解していただきたい。

毎年2月22日を契機に、竹島という小さな島について
ほんの少しでも良いので考えを巡らせてほしい

そして、竹島は日本固有の領土であるということを、
合法的且つ冷静に、日本中に、いや、世界中に、
何らかの形でアピールすること
も、併せて考えてみてほしい。

大切なのは、まず考えること。そして、何かしてみること

島根県民たる私だが、非力な自分には
この程度のテキストを書くぐらいしかできない。
しかし、何もせずに問題を放置しようとするよりは
ずっとマシ
だとは思う。


これからもずっと、

毎年2月22日は「竹島の日」であることを

どうか忘れないように
ラベル:竹島の日 竹島
posted by KAZZ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。