2008年03月05日

目論見を誤ったmixi

私も加入しているSNSのmixi。
そこで規約の改定を巡って問題が起きている。

mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動(1/2)
mixi規約改定問題 「ユーザーが著作者の時代」にまた繰り返す大騒動(2/2)
(以上、ITmediaニュース)

問題点は多岐に渡るようだが、端的に言うとこういうことらしい。
(mixi内「mixiの規約改定に異を唱える」のトピック、【今回の問題点まとめ】から引用)

・mixiにupしたすべてのものをmixiの都合で使用・公開しちゃうよ(許諾猶予は二日(笑))返事なかったら同意したって事で(笑)

・著作人格権放棄してね。改変する事もあるし(笑)でも、私たちが公開した内容の責任は、あなたがとってねw (勝手に歪められた内容を発表され、その訂正すら許されず、損害賠償などの責任だけ負わされる可能性)

・この規約の効力は過去にも及ぶからw(忘れているものや削除したはずのものが、知らない間に公表される可能性)

・裸を描写(文章でも)したら削除しちゃうかもよw性的描写とか関係無しに

・自称権利者(笑)が、削除申請してきたら、ホイホイと応じちゃうのでよろしく


wだの(笑)だのついているので、おふざけ感は拭えない印象だが、
実際のところ、これが最も的確なまとめであろうと思うので
引用させてもらった。


さて、これを踏まえて、mixiは何を間違えたのか。

法理論や法律の運用には疎いので、その辺からはあまり言えないが、
そのようなことを抜きにして考えてみるに、
mixiはユーザーによって自身が成り立っているという
最も根本的なことを何処かに置き忘れた挙げ句に
かかる規約改正をしてしまったのではないか、ということに尽きる。

つまり、こういうことだ。

mixiには少なからぬユーザーが存在し、
それらユーザーが自身の手でコンテンツを作り上げていっている。
それは例えば、日記であったり、レビューであったり、
写真であったり、動画であったり、いろいろと存在するのだが、
それらコンテンツに対してmixiはただ乗りをしようとしているのではないか、
という疑念が新規約の上から窺え、いくらmixi側がそれを否定しても
新規約の条文を改めるという具体的な行動が起きていない、
また仮に改めてもそれが果たしてユーザーの納得いくようなものに
なるかどうかの道筋が具体的に示されていないことが、
今回の問題の最も重要な点ではないか、ということだ。

あたかもmixi自身がユーザーから権利を取り上げ、
自身の利益として利用しますよと宣言しているように読めてしまうのが、
どうやら今回の新規約らしい。

過去にも、様々なところで著作権問題は起きてきたが、
またしてもこうした問題が起きてしまった背景には、
現行の日本の著作権法がデジタル化した現在のメディア社会に
合致しないものとなってしまっていることが大きいような気がする。

mixiの規約は規約として、早急に見直しが必要だが、
それと同時に現行の著作権法に関しても見直しが必要だろう。
実態と乖離した法律を根拠に何かをしようとすると
必ず現実との齟齬が生じてしまうものである。
そこら辺を、もっとしっかり議論できないものか。


以下、蛇足。

私も一応「mixiの規約改定に異を唱える」というコミュに加入している。
他にも同種のコミュは多々あるようだが、
いちいちそれらに加入しても仕方がないので、
表記のコミュへの加入に留めている。
現在、これを書いている時点で6,555人の加入者がいるようだ。
posted by KAZZ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

発言のセンスがない

政治ネタばかりというのも気詰まりするので、
たまにはこんな芸能ネタでも。


「キレイな体」という「ピュア信仰」 倖田「羊水腐る」発言の背景?(Yahoo!JAPAN/J-CASTニュース)


発言の真意云々以前の問題に、
この発言に於ける女性としてのセンスの欠如はどうなの? という。

だって、自分が仮に女性だとしたら、間違っても、たとえ冗談でも、
「35歳を回ると羊水が腐る」みたいなことは口にしない。
そんなネガティヴなことを口にしても誰の得にもならないし、
仮にそれが結婚したらしい彼女の女性マネージャーに対する激励だとしても、
こんなコメントをされて、件の女性マネージャーが喜ぶとも思えない。

上にリンクした記事では「ピュア指向」云々が言われているが、
それ以前に、倖田の頭の中が(悪い意味で)ピュアなだけなのでは
などと邪推したくなる。
posted by KAZZ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

バカにつける薬なし

TVが朝青龍来日阻止!?直行便ビジネス買い占め本人予約できず(スポーツ報知)

まあ、日本のマスコミというのは
近頃総じて嘲笑の対象にされているようだが、
その中の一例に、これも加えていいかもしれない。

日本のテレビ局の暴走で、
朝青龍がモンゴルから日本への直行便の予約に失敗し、
あわや30日の帰国ができない可能性があったらしい。
どうにか、ソウル経由の便を押さえて
帰国も、その後の謝罪や記者会見も行われる見通しにはなったが、
そもそもこんなことになった理由というのが、
朝青龍との同乗取材を行うために、日本のテレビ局が
ビジネスクラスを全て押さえてしまったことにあるのだという。

バカにつける薬はないとよく言うが、
これなどはまさに典型例だろう。

日本のテレビ局はいったい何を考えているのだろう。
大相撲から落伍した横綱に何を期待したいのか。
そして、それが何とか復帰しようというチャンスを
あわや潰そうとした事態を、彼らはどう思っているのか。

まあ、どうせ何も思っちゃいないだろう。
スクープさえいただければ、それでいいぐらいにしか思ってはいまい。
短絡的というか、発想が幼稚だ。

そんなことだから、「マスゴミ」だなどと揶揄される。
posted by KAZZ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

フライデー

「フライデー」再出発に逆風 部数低迷、取材方法に批判(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

まあ、今更フライデーでもなかろう。
今やこの雑誌には存在意義を大して感じない。

なぜなら、ネットがこれだけ大々的に普及した今、
この手の雑誌でさえ世に出る頃には情報の鮮度が落ちてしまう。

よほど情報の出し方や見せ方を変えない限りは、
このまま淘汰されてしまう以外にないかもしれない。

昔からいけ好かない雑誌ではあったが、
いよいよこの雑誌にも来るべき時が来るかもしれない。
それがいつになるかは、まだわからないけれども。
タグ:写真週刊誌
posted by KAZZ at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

駄目なものは駄目

「水曜どうでしょう」が鳥取砂丘で違法行為(iza!)
HTBからのお知らせ〜「水曜どうでしょう」に関するお詫び(北海道テレビ放送)

どういう話か、というのを簡単に御説明しよう。

 北海道テレビ(HTB)制作のローカル番組「水曜どうでしょう」の中で、西日本を原付で走破するという企画があった。
 そこで、鳥取砂丘に出向いたのが番組の主演であるタレントの大泉洋と共演者やスタッフ一同ら。
 その鳥取砂丘に於いて、番組の担当ディレクターが砂丘の砂を持ち帰ることを思いついたらしく、袋か何かに詰めたという。そして袋詰めされた砂を原付バイクに乗せて走行もした。
 この模様は2000年5月に北海道で初めてオンエアされ、以降、番組の人気が全国区になるに連れてリメイクされ、番組販売の形で各地の放送局でオンエアされた。
 そして、2007年7月、山陰地方でも日本海テレビでオンエアされた。すると、この放送を見た視聴者から、「鳥取砂丘の砂を持ち帰るのは違法行為ではないか?」とする問い合わせが鳥取県にあったらしい。
 国立公園である鳥取砂丘は、自然公園法で管理されており、当然の如く、そこから砂を持ち出すような行為は自然公園法に違反することである。
 HTBは違法行為を認め、Webサイト上で謝罪している。


この一件で、HTBを擁護する意見も見られるようだが、
そういう問題ではないだろう。
違法行為は違法行為。それが何年前のことであろうとも関係ない。
そんな目こぼしが、やがてもっと重大な事態を生むかもしれないのに、
何故擁護できるのか不思議でならない。

あと、鳥取砂丘が国立公園であることに
7年間も気がつかなかったことにも問題があるだろう。
国立公園ならば、それを管理する法律も当然ある。
そこに思いが至らなかったのは、放送局の不注意以外の何物でもない。
「知りませんでした」では済まない問題なのだ。

まあ、HTBの対応が早かったこともあり、
これはこれとして大きな問題にならずに済みそうではあるが、
だからこそ、この問題を決して忘れることがないように、
今後の番組作りに活かしてもらいたく思う。

くどいようだが、どんなに番組として面白いと思われることでも、
法に反することである以上「駄目なものは駄目」なのだ。
そこを十分に弁えてほしい。
posted by KAZZ at 21:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。