2008年03月26日

この国は何処に行こうとしているのか?

まずは、↓の記事を引用してみる。

連鎖に危機感 列島襲う“不可解な動機”での凶行 土浦・岡山(Yahoo!JAPAN/産経新聞)

 「だれでもよかった」。茨城県土浦市の8人殺傷事件後、面識のない人が突然襲われる「通り魔」的な凶行事件が全国で続発している。逮捕された犯人に共通するのは、無差別殺人をほのめかす不可解な動機。専門家は「事件が連鎖反応するのでは」と危機感をあらわにしている。

 8人殺傷事件で逮捕された金川真人容疑者(24)は警察の取り調べに「人を殺したかった」と供述した。事前に凶器を購入するなど計画的な犯行だが、逮捕前には「早く捕まえてごらん」と2度にわたり警察を挑発しており、ゲーム感覚で人を襲った異常な言動も明らかになった。

 事件後、千葉や愛知、福岡県でも通行人らが見知らぬ人に刃物で刺されるなど、通り魔事件が続発した。岡山の事件で逮捕された少年も「人を殺せば刑務所に行ける」と供述、同じように「だれでもよかった」と無差別殺人をうかがわせる動機を話している。

 中央大の藤本哲也教授(犯罪学)は「社会が閉塞(へいそく)状態だと不満を爆発させるような事件が起きる。少年など社会の弱者がストレスに一番反応しやすく、茨城県土浦市の8人殺傷事件に触発された可能性もある」と話す。

 福島章・上智大名誉教授(犯罪心理学)は「若い人はテレビゲームや映画などで人を簡単に殺すシーンに日常的に接しており、殺人への罪の意識が希薄になっている」と指摘。「こうした殺人予備軍ともいえる人は相当数いるとみられ、凶悪事件が起きればせきを切ったように表に出てくる」とし、連鎖的に犯行が続くことを心配する。

 個人的な恨みとは違い、通り魔事件は繰り返される傾向があり、過去にも多くの同種事件が起きている。

 最近では今年1月に東京都品川区の商店街で、私立高校生が通行人を包丁で切りつけ、2人が負傷。平成17年には大阪府東大阪市で、当時4歳の男児が17歳の無職少年にハンマーで殴られ、重傷を負った。

 帝塚山学院大の小田晋教授(精神医学)は「若い人の自我が確立していないことが背景にある。こうした事件は日常生活で多くのストレスを抱える現代社会を反映している」と話している。
(上の記事から引用)


この国はいったいどこに行こうとしているのだろう。

このような事件が連鎖的に起きてしまうということは、
この国が何らかの病理を抱えたままの状態で進んでいる可能性が
大いにあるということではなかろうか。

この国を覆う、わけのわからない「ストレス」というものから、
どうやって若い連中を守っていくべきか。

非常に難しい問題である。
posted by KAZZ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

1円でも罪は罪

無断で携帯充電、中学生を書類送検 大阪府警松原署(産経新聞)

電気もいわゆる「財物」である以上、
無断で使えば窃盗の罪に問われてしまう。

そのことを、この中学生たちは何処まで知っていたのか。

ちょっとぐらいならいいだろう
では済ませてもらえないこともあるということを
彼らぐらいの年頃になれば知っておくべきである。

彼らにとってはちょっとぐらいでも、
店にとってはそうでもないのかもしれない。
たとえ被害額が1円でも、盗みは罪。
そういうことである。
posted by KAZZ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

何故なくならない飲酒運転

「同じ過ちなぜ」飲酒運転犠牲の3児遺族ら地蔵開眼法要(讀賣新聞)

それにしても、だ。

何故飲酒運転はこうも減らないのだろう。


このお地蔵さんの開眼法要の直前にも
同じ福岡市の職員が飲酒運転で事故を起こしたばかりだという。
何の反省も無いのかと呆れてしまう。

近年、飲酒運転は厳罰化の方向にあり、
そのせいもあって、減少傾向にあるらしいとは聞くが、
本当にそうなのだろうか。
何だか疑わしく思えてならない。

前々からずっと言われてきていることだが、

「呑んだら乗るな、乗るなら呑むな」

この簡潔ながら最も訴求力のあるフレーズを
今一度よく思い返してみるに限るだろう。
posted by KAZZ at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

泣きゃいいってもんじゃない

まずは、こちらの記事から全文を引用する。

織田、涙ながらに謝罪会見=「信頼裏切って申し訳ない」−フィギュアスケート(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

 酒気帯び運転で検挙されたフィギュアスケート男子の織田信成(関大)が27日、大阪府吹田市の関大で記者会見を行い、「応援、支援して下さるたくさんの方がいるのに、信頼を裏切る事件を起こして申し訳ない」と、涙ながらに謝罪した。
 本人や関係者の説明によると、織田は海外合宿期間中に受けられなかった筆記試験について、26日夜に教職員3人と大阪市内のサウナと焼き肉店で相談。飲酒した織田は午後10時半ごろに大阪駅から電車に乗ったが、寝過ごしたため自宅のある高槻駅には深夜に到着。自分で酔いが覚めたと判断してバイクに乗ったという。織田は「アスリートとして安易にお酒を飲み、酒気帯びと分かっていて、何でバイクに乗ったんやろと自分で情けない」と、頭を下げた。
 関大は河田悌一学長が織田を厳重注意し、大学としての正式処分は織田が所属する文学部教授会が改めて決定する。織田は当面は自宅謹慎する意向を示した上で、選手活動については「日本スケート連盟の処分に従う」と話した。
(上の記事から引用)


織田信成は、感極まると泣くくせがあるらしく、
そのことを先日出演のテレビ番組でもネタにされていたが、
今回の不祥事による記者会見でも泣いたという。

・・・が、泣けばそれで許されるとでも思っているのだろうか。

酒を呑んでバイクを運転することが許されないことぐらい、
誰でも知っていることのはずだ。
しかし、織田はその行為をして、警察に検挙された。

飲酒運転絡みでは近年、厳罰化が打ち出されている一方、
飲酒絡みの事故は未だに後を絶たない。
それを織田も当然知っているであろうに、斯様な不祥事を起こした。
たまたま事故が起きなかったから良かったなどと言える問題ではない。
泣いて謝れば済む話でも、当然ながら、ない。

織田本人だけでなく周囲も含めて、気の緩みはなかったか。
ここら辺りをもう一度見直す必要がありそうだ。
posted by KAZZ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

新潟県中越沖地震

306棟全壊、7人死亡・767人けが…中越沖地震(讀賣新聞)
Yahoo!災害情報(Yahoo!JAPAN)
Yahoo!天気情報 - 地震情報(Yahoo!JAPAN)
地震情報(各地の震度に関する情報)(気象庁)

今朝10時頃、いわゆる新潟県中越沖地震が発生し、
多くの被害が出ている模様である。

小欄で与太など言っている場合ではない。

被害に遭われた方、避難所などに避難されている皆様方に
心よりお見舞い申し上げたい。
また、この地震で亡くなられた方もいらっしゃるという。
それらの方々の御冥福も、心よりお祈りする。

今後も余震は続くと思われるので、
くれぐれも地震情報にはお気をつけいただきたい。
posted by KAZZ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。