2008年03月17日

チベット

五輪=北京組織委、チベットの暴動は「聖火リレーに影響せず」(Yahoo!JAPAN/REUTER)

[北京 15日 ロイター] 北京五輪組織委員会(BOCOG)のスポークスマンは15日、チベット自治区ラサで発生した大規模な暴動について、聖火リレーのコースには影響しないとの見方を示した。
 同スポークスマンは「チベットでの聖火リレーや聖火のチョモランマ(エベレスト)越えの準備は順調に進んでいる」と述べた。
 また、暴動が北京五輪ボイコットにつながると思うかという質問に対しては、「チベットの当局者らは事態に対処しており、今は安定していると思う」と答えた。
 さらに「五輪開催は中国人にとって長年の夢であり、チベットの人も含むすべての中国人が北京オリンピックを非常に心待ちにしている」と語った。
 一方、チベット問題の活動家でもある米俳優リチャード・ギアさんは14日、中国政府がチベットでの暴動への対応を誤れば、北京五輪のボイコット問題にも発展すると指摘していた。
(上の記事から引用)


チベットの問題は様々な局面を孕んでいる。
私如きの浅薄な知識では到底語り尽くせない。

大事なことは、中国という国がこの問題を避けて通ることは
絶対にできないということであり、
その処し方を間違えたら、中国は全てを失う可能性があるということ。

まあ、既に何らかのものを失いつつあるようだが・・・。
タグ:チベット
posted by KAZZ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89927553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。