2008年03月12日

ブルートレインの灯は消えゆく

さよならブルトレ、「銀河」も「なは」も14日夜で引退(讀賣新聞)

何だかんだ言って、これら3列車には乗ったことがないけれども、
せめて「銀河」は1回乗っときたかった列車の1つである。
とはいえ、もう乗ることは叶わないわけだが・・・。

昔の関西ブルトレは便数がムチャクチャ多くて、
いわゆるブルートレインの他に581・583系を使った列車もあって、
一部の列車は筑豊本線にも乗り入れたりするなど、
バラエティに富んだルートや編成だったのだが・・・。

一足先に日豊本線経由の「彗星」が廃止され、
「なは」や「あかつき」も廃止が近いかなと思ってはいたものの、
遂にこの日が来てしまった。


そして「銀河」の廃止。

思うのだが、この列車をもう少し延命して、
「なは・あかつき」に付随しているレガートシート車を編成につけたり、
JR東日本が「あけぼの」でやっている「ゴロンとシート」を
1両程度混ぜてみるなどということはできなかったのだろうか。

これだけでもかなり違うと思うのだけれど・・・。

まあ、廃止されるものを今更とやかく言っても仕方ないが、
それにしても残念なことである。
やりようによってはまだまだ需要は発掘できるはずだが・・・。
posted by KAZZ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。