2007年08月27日

新内閣

安倍内閣閣僚名簿等 - Yahoo!みんなの政治

何だか知らないが、これはまた随分と前とは違う印象の内閣である。

強いてサプライズを挙げるとすると、次の2名だろう。

総務大臣になった増田寛也は、前岩手県知事であり、
いわゆる「改革派知事」とされた人物である。

そして、厚生労働大臣の舛添要一。
あれだけ文句を言ったからかどうなのか知らないが、
大臣に、それも厚生労働大臣という
非常に難しいところに祭り上げられた。

中山恭子女史は、当然の如く拉致問題担当の首相補佐官に据えられた。
これはまあ、安倍の思惑通りなのだろうし、
拉致問題には本気ですよというメッセージと考えて良かろう。


こうやって並んだ顔ぶれを見ていると、
とりあえず新味には欠ける面が多々あるが、
「お友達内閣」などと揶揄され倒した前内閣のことを考えれば、
バランス重視で決めたんだろうなと思える。

まあ、あとは、彼らがどういう仕事をするかである。
posted by KAZZ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。