2007年08月10日

駄目なものは駄目

「水曜どうでしょう」が鳥取砂丘で違法行為(iza!)
HTBからのお知らせ〜「水曜どうでしょう」に関するお詫び(北海道テレビ放送)

どういう話か、というのを簡単に御説明しよう。

 北海道テレビ(HTB)制作のローカル番組「水曜どうでしょう」の中で、西日本を原付で走破するという企画があった。
 そこで、鳥取砂丘に出向いたのが番組の主演であるタレントの大泉洋と共演者やスタッフ一同ら。
 その鳥取砂丘に於いて、番組の担当ディレクターが砂丘の砂を持ち帰ることを思いついたらしく、袋か何かに詰めたという。そして袋詰めされた砂を原付バイクに乗せて走行もした。
 この模様は2000年5月に北海道で初めてオンエアされ、以降、番組の人気が全国区になるに連れてリメイクされ、番組販売の形で各地の放送局でオンエアされた。
 そして、2007年7月、山陰地方でも日本海テレビでオンエアされた。すると、この放送を見た視聴者から、「鳥取砂丘の砂を持ち帰るのは違法行為ではないか?」とする問い合わせが鳥取県にあったらしい。
 国立公園である鳥取砂丘は、自然公園法で管理されており、当然の如く、そこから砂を持ち出すような行為は自然公園法に違反することである。
 HTBは違法行為を認め、Webサイト上で謝罪している。


この一件で、HTBを擁護する意見も見られるようだが、
そういう問題ではないだろう。
違法行為は違法行為。それが何年前のことであろうとも関係ない。
そんな目こぼしが、やがてもっと重大な事態を生むかもしれないのに、
何故擁護できるのか不思議でならない。

あと、鳥取砂丘が国立公園であることに
7年間も気がつかなかったことにも問題があるだろう。
国立公園ならば、それを管理する法律も当然ある。
そこに思いが至らなかったのは、放送局の不注意以外の何物でもない。
「知りませんでした」では済まない問題なのだ。

まあ、HTBの対応が早かったこともあり、
これはこれとして大きな問題にならずに済みそうではあるが、
だからこそ、この問題を決して忘れることがないように、
今後の番組作りに活かしてもらいたく思う。

くどいようだが、どんなに番組として面白いと思われることでも、
法に反することである以上「駄目なものは駄目」なのだ。
そこを十分に弁えてほしい。
posted by KAZZ at 21:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。