2007年08月31日

くだらないお話

高校野球:宇治山田商が産経新聞に記事の訂正申し入れ(毎日新聞)

何だか、読んでいて実にくだらない記事だと思ってしまった。

「学ランが『軍国主義』を想起させる」という件が
まず、実にくだらない。
そんなことで文句を言う人間はよほどの暇人か、
暑さボケにでもなった人間なのだろう。
何処をどのように見たら学ランと軍国主義が結びつくのか、
ぜひ一度後学のためにお教え願いたいぐらいである。

そして、そのような投書があったにせよなかったにせよ、
そのことでいちいち目くじらを立てて記事を書き
鬼の首でも取ったかの如き産経新聞の態度もまた
非常にくだらないと思う。

産経は元々右寄りの論調を掲げているのだから、
こういう部分にどうしても目が行ってしまうのだろう。
その結果、こうしたことを取り上げて記事にしたがる。
それは産経の基本的論調なのだから別にいいけれど、
4年前の出場時にも応援団はトレーナーを着ていたとする部分を
事実上否定するようなことをしてしまってはダメだろう。
また、宇治山田高や三重県高野連などに対しても
投書があったかなかったかも含めて取材したのかどうか。
ここら辺が非常に怪しい。

一方、宇治山田高や三重県高野連も今頃騒ぎ立てるのではなく、
本当にそのような投書がなかったのであるなら、
もっと早く申し出なければならなかった。
そうしなければ、無駄な騒ぎを起こすだけであろう。
そうなってくると、今後にも微妙に影を落としてしまう。
ああいうわけのわからない投書如きで無意味な騒ぎを起こした
などと思われかねないのだから。


しかし、それにしても、だ。

冒頭にも書いたけれど、
その投書があったかなかったかはさておいて、
学ランと軍国主義という2つの要素の関連性が
私にはどうにもよくわからない。

もし、そのような投書が実際にあったとすると、
その投書の主は「学ラン=軍国主義」と
短絡的に結びつけるようなことしかできない
不幸な思考しか持ち合わせていないことになる。

きっとその人物は、世間で学ランを見る度に
「あれは軍国主義の象徴なのだ」と思い続けるのであろう。
その程度の視野しか持ち合わせていないなんて
何だか可哀相にすら思えてきてしまう。
posted by KAZZ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

本日はお休みです。

本日はお休みです。
posted by KAZZ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

新内閣

安倍内閣閣僚名簿等 - Yahoo!みんなの政治

何だか知らないが、これはまた随分と前とは違う印象の内閣である。

強いてサプライズを挙げるとすると、次の2名だろう。

総務大臣になった増田寛也は、前岩手県知事であり、
いわゆる「改革派知事」とされた人物である。

そして、厚生労働大臣の舛添要一。
あれだけ文句を言ったからかどうなのか知らないが、
大臣に、それも厚生労働大臣という
非常に難しいところに祭り上げられた。

中山恭子女史は、当然の如く拉致問題担当の首相補佐官に据えられた。
これはまあ、安倍の思惑通りなのだろうし、
拉致問題には本気ですよというメッセージと考えて良かろう。


こうやって並んだ顔ぶれを見ていると、
とりあえず新味には欠ける面が多々あるが、
「お友達内閣」などと揶揄され倒した前内閣のことを考えれば、
バランス重視で決めたんだろうなと思える。

まあ、あとは、彼らがどういう仕事をするかである。
posted by KAZZ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

何故なくならない飲酒運転

「同じ過ちなぜ」飲酒運転犠牲の3児遺族ら地蔵開眼法要(讀賣新聞)

それにしても、だ。

何故飲酒運転はこうも減らないのだろう。


このお地蔵さんの開眼法要の直前にも
同じ福岡市の職員が飲酒運転で事故を起こしたばかりだという。
何の反省も無いのかと呆れてしまう。

近年、飲酒運転は厳罰化の方向にあり、
そのせいもあって、減少傾向にあるらしいとは聞くが、
本当にそうなのだろうか。
何だか疑わしく思えてならない。

前々からずっと言われてきていることだが、

「呑んだら乗るな、乗るなら呑むな」

この簡潔ながら最も訴求力のあるフレーズを
今一度よく思い返してみるに限るだろう。
posted by KAZZ at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

今回は休みます。

今回は休みます。

なお、今週から3週間ほど多忙のため、
若干更新ペースが不規則且つ低下することがあります。
御了承ください。
posted by KAZZ at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

36年前の教訓はないのか?

感染拡大!JRA無謀な今週強行プラン(Sponichi Annex)

今から36年前にも同様の騒動が起きて、
この時は結局2ヶ月ほど競馬開催が中止になったわけだが、
今回JRAは、何を思ったか、
1週の中止だけで済ませようなどと思っているらしい。

しかし、よく考えてほしい。
競馬は馬がいてこそ成り立つスポーツであろうに、
その馬がインフルエンザで大変な状況である時に、
しかもまだ事態は収束するどころか
拡大の一途を辿っている最中に、
こんな無謀なことを思いつくJRAとは、いったい何なのか。

36年前の教訓が、全く生かされていない。

儲けも大切だろう。
しかし、それも馬がいてこその話ではないのか。
もっと慎重に判断しなければなるまいに、
JRAは拙速な判断で全てを台無しにしようとしている。

競馬ファンの1人として、かかる暴挙には納得できない。
posted by KAZZ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

お盆休みします

今週いっぱい、更新をお休みします。
posted by KAZZ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

駄目なものは駄目

「水曜どうでしょう」が鳥取砂丘で違法行為(iza!)
HTBからのお知らせ〜「水曜どうでしょう」に関するお詫び(北海道テレビ放送)

どういう話か、というのを簡単に御説明しよう。

 北海道テレビ(HTB)制作のローカル番組「水曜どうでしょう」の中で、西日本を原付で走破するという企画があった。
 そこで、鳥取砂丘に出向いたのが番組の主演であるタレントの大泉洋と共演者やスタッフ一同ら。
 その鳥取砂丘に於いて、番組の担当ディレクターが砂丘の砂を持ち帰ることを思いついたらしく、袋か何かに詰めたという。そして袋詰めされた砂を原付バイクに乗せて走行もした。
 この模様は2000年5月に北海道で初めてオンエアされ、以降、番組の人気が全国区になるに連れてリメイクされ、番組販売の形で各地の放送局でオンエアされた。
 そして、2007年7月、山陰地方でも日本海テレビでオンエアされた。すると、この放送を見た視聴者から、「鳥取砂丘の砂を持ち帰るのは違法行為ではないか?」とする問い合わせが鳥取県にあったらしい。
 国立公園である鳥取砂丘は、自然公園法で管理されており、当然の如く、そこから砂を持ち出すような行為は自然公園法に違反することである。
 HTBは違法行為を認め、Webサイト上で謝罪している。


この一件で、HTBを擁護する意見も見られるようだが、
そういう問題ではないだろう。
違法行為は違法行為。それが何年前のことであろうとも関係ない。
そんな目こぼしが、やがてもっと重大な事態を生むかもしれないのに、
何故擁護できるのか不思議でならない。

あと、鳥取砂丘が国立公園であることに
7年間も気がつかなかったことにも問題があるだろう。
国立公園ならば、それを管理する法律も当然ある。
そこに思いが至らなかったのは、放送局の不注意以外の何物でもない。
「知りませんでした」では済まない問題なのだ。

まあ、HTBの対応が早かったこともあり、
これはこれとして大きな問題にならずに済みそうではあるが、
だからこそ、この問題を決して忘れることがないように、
今後の番組作りに活かしてもらいたく思う。

くどいようだが、どんなに番組として面白いと思われることでも、
法に反することである以上「駄目なものは駄目」なのだ。
そこを十分に弁えてほしい。
posted by KAZZ at 21:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 文化・芸能(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

みんなで責めれば怖くない

自民代議士会などで「安倍批判」続出(讀賣新聞)
反安倍議員が新グループ結成へ=小坂氏ら、批判勢力の結集狙う−自民(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

敗軍の将はみんなで責めれば怖くないものらしい。

かくて、安倍晋三は身内からの厳しい批判に晒されている。
当然と言えば当然のことではあるのだが、
それにしても、こうまで言われる安倍とはいったい何なのだろう。
このままでは、安倍が総理の座を降りると口にするまで
ずっと針の筵に座らされっぱなしになるのだろう。

もっとも、そうなってしまうのも致し方はない。
安倍はあまりにも周りを見なさすぎた。
それが故にこのような結果を招いてしまったのである。
首相になって権力は確かに得たが、
その使い方を安倍は間違えてしまった。
だから、こんなことになってしまった。

先日、赤城農水相を辞めさせた時に
「君(ここでは赤城)はまだ若いのだから」という言葉を
そっくりそのまま安倍にも贈った方がいいと思われる。
(現に本当にそのようにすれば良いと言った議員もいるそうだが)
posted by KAZZ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

地デジは本当に必要なのか?

5000円以下地デジチューナー「実現難しい」と各社(ITmedia News)

地デジ普及のために、5,000円を切る廉価のチューナーを販売しては?
という総務省のお達しに、メーカーは難色を示しているという。
メーカーの立場としては至極もっともな意見であろう。
しかし、普及を本格推進させるためには必要だというのが
恐らくは総務省の本意であろうとも言える。

だが、私はかねがね思っているのだが、
本当に地上波デジタル放送というものが必要なのか、
どうももう一つ釈然としない。

確かに電波の有効利用にはいいのかもしれないが、
それ以外に妥当な採用理由を見出せないのも事実だ。
何より、ユーザーたる我々消費者の側から
これを何としても導入してほしいという気運が盛り上がらない。
別に、従来のアナログ放送でもいいじゃないか、
などと考えている人は、恐らく現在でも多いと思われる。

私は個人的に、完全施行は5〜10年程度延期してもいいと思う。
放送方式の進化を云々する前に、まずやらなければいけないことがある。
それはつまり、放送として流すもの、
つまりコンテンツの質を上げることにある。

昨今、捏造や恣意的な編集など、
テレビ番組を取り巻く様々な問題が後を絶たない。
これらについて、コンテンツを制作し放送するテレビ局は、
一定の反省の態度は示すものの、
しばらくしてほとぼりが冷めてしまうと、
反省の態度など何処へやらで、知らぬ存ぜぬを決め込み、
元の制作態度に戻ってしまう。

このようなことの繰り返しによって、
昨今のテレビ放送は成り立ってしまっている。
それで本当にいいのだろうか。

放送方式ばかりが進化して、内容は全く進化しないというのは、
テレビのメディアとしての在り方にも大きな影響を及ぼすだろうに、
それらのことはまるで議論されない。
問題が起きた時だけ一時的に盛り上がる程度である。

こんなことではいずれ、大々的なテレビ離れが進んでしまうだろう。
そうなってからでは遅いということを
総務省や放送各局はもう一度真摯に考えなければならない。

手前勝手な論理による地デジ普及も結構だが、
まずはテレビ番組自体を考え直すことから始めてみてはどうか。


・・・もっとも、総務省や放送各局が、
そんなことを真面目に考えるとも思えないのだが。
何せ、あれだけ大騒ぎになったはずの「あるある」捏造事件でさえ、
既に風化の一途を辿ってしまっているのである。
そんな状態で、関西テレビが民放連に復帰でもしたら、
いよいよ以て、コンテンツの質的向上など忘却の彼方に消えてしまうだろう。

そうなった時、いったい如何ほどの人々が
テレビを見放さずにいるだろうか。

そのようなことを考慮するに、
メディアとしては既に一定の役割を終えた感のあるテレビが、
今後如何なる方向に進むのか、本気で気にする人々は
恐らくごく少数しかいないだろうと思われる。

そんな状態で、バカの一つ覚えよろしく
「地デジをよろしく」などと言い続けることが
果たして本当にできるのだろうか?
posted by KAZZ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

あんたが言うなよ

「安倍降ろし」にクギ=早期解散に否定的−森元首相(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

まずは、↑の記事から引用してみよう。

【バンコク2日時事】タイ訪問中の森喜朗元首相は2日午後、バンコク市内で記者会見し、参院選での自民党大敗を受け、安倍晋三首相の退陣を求める党内の声に対し、「自民党の皆さんが(党の顔として)安倍で選挙を戦おうと願ったのだから、そんなに簡単に船頭を代えるのは、むしろ政治の混乱を招くだけだ。初志貫徹だ」とクギを刺した。
(上の記事から引用)


確か森喜朗というお方は、少し前に↓のようなことを言っていたはず。
これも引用する。

森・青木・中川3氏「首相続投困難」で一致…29日の会談(Yahoo!JAPAN/讀賣新聞)

 自民党の森元首相、青木参院議員会長、中川幹事長の3人が参院選投票日の7月29日夕に会談した際、自民党の獲得議席が40議席を下回れば安倍首相の退陣は避けられないという見解で一致していたことが明らかになった。

 関係者によると、3氏は東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂で選挙情勢について意見交換し、「自民党の獲得議席は40議席に届かない」という見方で一致した。これを踏まえ、「首相が続投すれば、世論の厳しい批判を受ける。これ以上、傷つけない方がいい」という判断に傾いた。「まだ若いので、いったん辞任して再登板もあり得る」という声も出た。

 この後、中川氏が首相公邸を訪ね、会談の様子などを伝えた。しかし、首相は色をなして反論し、続投に強い意欲を示したため、3氏も最終的に首相の決断を受け入れた。
(上の記事から引用)


自分で安倍を首相に不適格だの言っておいて、
舌の根も乾かぬうちにこれでは・・・。

森という人は要らぬことを言わずに黙っておけばいいものを・・・。
posted by KAZZ at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

赤城が辞めた裏側で

赤城農相“解任”…参院選惨敗招く、在任わずか2か月(讀賣新聞)

・・・とまあ、このように今日はこの話題で持ちきりだったが、
一方で、ひっそりとこんなことが起きていた。

郵政造反組の藤井孝男・元運輸相、自民が復党認める(讀賣新聞)

こういうデタラメを前にやって大々的に非難を受けた時は、
この話題がやたらと盛り上がっていたために
槍玉に挙げられやすかったとでも思ったのか、
赤城の辞任にぶつけて知らず知らずのうちに済ませようという
いやらしい魂胆があるのではないかと勘繰りたくなる。

何にしても、斯様なデタラメをやってしまう辺りに
自由民主党は選挙に負けた反省など実はしていないのではないかと
思えるような要素がそこはかとなく感じられる。

たかが1回の選挙では、この政党は何も変わらないのである。
posted by KAZZ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。