2007年07月30日

民主党が勝ったのではなく、自民党が負けた選挙

NHK2007年参院選

結果として民主党がやたらに議席を取りまくったが、
これを以て「民主党が勝った」と結論づけるのは違うような気がする。

これは、「民主党が勝った」のではなく、
「自由民主党が負けた」選挙である。

あれだけ、下手をすれば同情の一つもしたくなるぐらい
自傷行為を繰り返す自由民主党は見ていられないほどだった。
そんな自由民主党の情けない姿を、国民は見放しただけで、
民主党が殊更に何かしたからあんなに議席を獲得できたわけではない。

民主党は調子づいているかのようだが、
彼らだっていつ転落するかもわからない身である。
そこのところを読み違えたら、
次は彼らが「負ける」番になると思うべきだ。
posted by KAZZ at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

泣きゃいいってもんじゃない

まずは、こちらの記事から全文を引用する。

織田、涙ながらに謝罪会見=「信頼裏切って申し訳ない」−フィギュアスケート(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

 酒気帯び運転で検挙されたフィギュアスケート男子の織田信成(関大)が27日、大阪府吹田市の関大で記者会見を行い、「応援、支援して下さるたくさんの方がいるのに、信頼を裏切る事件を起こして申し訳ない」と、涙ながらに謝罪した。
 本人や関係者の説明によると、織田は海外合宿期間中に受けられなかった筆記試験について、26日夜に教職員3人と大阪市内のサウナと焼き肉店で相談。飲酒した織田は午後10時半ごろに大阪駅から電車に乗ったが、寝過ごしたため自宅のある高槻駅には深夜に到着。自分で酔いが覚めたと判断してバイクに乗ったという。織田は「アスリートとして安易にお酒を飲み、酒気帯びと分かっていて、何でバイクに乗ったんやろと自分で情けない」と、頭を下げた。
 関大は河田悌一学長が織田を厳重注意し、大学としての正式処分は織田が所属する文学部教授会が改めて決定する。織田は当面は自宅謹慎する意向を示した上で、選手活動については「日本スケート連盟の処分に従う」と話した。
(上の記事から引用)


織田信成は、感極まると泣くくせがあるらしく、
そのことを先日出演のテレビ番組でもネタにされていたが、
今回の不祥事による記者会見でも泣いたという。

・・・が、泣けばそれで許されるとでも思っているのだろうか。

酒を呑んでバイクを運転することが許されないことぐらい、
誰でも知っていることのはずだ。
しかし、織田はその行為をして、警察に検挙された。

飲酒運転絡みでは近年、厳罰化が打ち出されている一方、
飲酒絡みの事故は未だに後を絶たない。
それを織田も当然知っているであろうに、斯様な不祥事を起こした。
たまたま事故が起きなかったから良かったなどと言える問題ではない。
泣いて謝れば済む話でも、当然ながら、ない。

織田本人だけでなく周囲も含めて、気の緩みはなかったか。
ここら辺りをもう一度見直す必要がありそうだ。
posted by KAZZ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

テロリズムの思う壺

「アルカーイダ」に強い危機感 米大統領演説、29分で95回言及(産経新聞)

演説中にブッシュが29分間に95回も
「アルカーイダ」の名称を口にしたという。

未だにブッシュの中では「アルカーイダ」が
ある種のトラウマのように存在しているようだが、
ここまで執拗に「アルカーイダ」に言及することに
いったい如何なる意味があるというのだろう。

世界には他にもテロ組織があるし、
それを支援する勢力も様々に存在している。
その最大の象徴として「アルカーイダ」の名前を出しているのだろうが、
テロに屈しないなどと強硬姿勢を打ち出しているわりには、
この演説に於ける「アルカーイダ」の連呼ぶりは、
テロに対しての怯えを表明しているような物言いとは言えないか。
それでは逆にテロリストたちの思う壺というものだ。

ブッシュはそこにいつになったら気がつくであろうか。
彼のことだから、たぶんそのまま気がつかない可能性もあるだろう。
そうなった時、彼が主導したテロ対策とは、
いったい何だったのかということになると思われるが、
ブッシュはそれを如何にして総括するつもりなのか。
posted by KAZZ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

本日更新は休止

本日の更新は都合により休止します。
posted by KAZZ at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

バカもここまで行くと表彰状もの

何だか知らないが、民主党がまたバカなことをおっ始めたらしい。

その記事を全文引用してみる。

公選法違反容疑で安倍首相告発=民主(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

 民主党は20日午後、政府広報を通じて自民党の選挙運動を行ったとして、安倍晋三首相を公職選挙法違反容疑で東京地検に告発した。告発状によると、19日付朝刊各紙に折り込まれた政府広報に自民党の政策を掲載し、公務員の地位を利用して選挙運動をしたとしている。
 これに関連し、菅直人代表代行は20日午後、青森県藤崎町で記者団に「国民の税金を特定政党が事実上、横取りしているようなものだ」と語った。
(上の記事から引用)


最初にこの話が出てきた時、
「ああ、どうせ選挙向けのブラフみたいなもんだろう」
という程度にしか思っていなかったのだが、
民主党は大真面目に斯様なことをやったようである。

しかし、もし民主党が逆の(つまり政権与党の)立場になり、
選挙期間中に政府公報を出さなければならなくなった時、
しかもそれが選挙で訴えようとする条項と重なるような政策を
大々的にアピールしなければならなくなった時、民主党中心の政府は
如何なる方法で「選挙違反である」と言われないように
これをアピールしようとするのであろうか。

恐らくそのようなことは最初からできるわけもないだろう。

まったく、バカもここまで行くと表彰状をやりたいぐらいである。
自分たちこそは清新で政権に相応しいとアピールするために、
東京地検に無駄な手間をかけさせ、受理されるとも思えない告訴状に
無駄な手間とコストをかける彼らは、ただの阿呆である。

そんな政党が政権奪取だ何だと叫んでいる様子は、
何かこう、滑稽を通り越して哀れにさえ思えてくる。
posted by KAZZ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

たかがエコバッグ如きに

雑記帳:エコバッグに長〜い行列 福岡(毎日新聞)

たかがエコバッグにもブランド志向とは、
何か感覚がズレているとしか思えないのだが・・・。

あんなもん、100円ショップで適当に見繕って買ってくれば
それでいいんじゃないかという気がするのだが、
その「アニタ・ハインドマーチ」とやらに
発売前日の朝から並んで買わなきゃいけないほどの価値が
いったい何処にあるのだろう。

うまく説明はできないが、
何かが根本的に間違っているような気がしてならない。
posted by KAZZ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

新潟県中越沖地震

306棟全壊、7人死亡・767人けが…中越沖地震(讀賣新聞)
Yahoo!災害情報(Yahoo!JAPAN)
Yahoo!天気情報 - 地震情報(Yahoo!JAPAN)
地震情報(各地の震度に関する情報)(気象庁)

今朝10時頃、いわゆる新潟県中越沖地震が発生し、
多くの被害が出ている模様である。

小欄で与太など言っている場合ではない。

被害に遭われた方、避難所などに避難されている皆様方に
心よりお見舞い申し上げたい。
また、この地震で亡くなられた方もいらっしゃるという。
それらの方々の御冥福も、心よりお祈りする。

今後も余震は続くと思われるので、
くれぐれも地震情報にはお気をつけいただきたい。
posted by KAZZ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

台風4号襲来中

台風4号、沖縄で10万戸停電・7人負傷…九州上陸の恐れ(讀賣新聞)

現在は沖縄・奄美地方にいる台風も、今後、
九州南部をはじめ、四国・中国など西日本から
東日本にかけての広い範囲に影響を及ぼしそうである。

既に幾つかの被害も出ており、
また交通機関等にも数々の影響が出ていると聞く。

進路に当たる地域にお住まいの皆様には
今後の情報に十分注意していただき、
くれぐれも気をつけてお過ごしいただきたい。

また、既に何らかの被害に遭われた方々もおられよう。
そのような方々には、小欄を借りてお見舞い申し上げたい。
posted by KAZZ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

この教師の困ったところは?

小学校教諭、特定男児を名指しし全児童に作文書かせる(産経新聞)
奈良・小学校:特定の男児の「困っていること」書かせる(毎日新聞)

この「特定男児」が、
いわゆる「注意欠陥・多動性障害」に該当するかどうかはわからないが、
そうであるにせよ、ないにせよ、このやり方はどうなのだろう。
あまりに短絡的なやり方ではなかろうか。

もし、この教師が研修の場で、担当者から
この教師自身の「困っているところ」を書け、
などと他の教師に対して命じられたら、どういう反応をするのだろう。

子供に書かせるぐらいなら、きっとこの教師も
喜んでそうしたことを受け入れるに違いない。
posted by KAZZ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

責任

参院選:首相「勝敗ライン示さない」…責任論避ける狙い(毎日新聞)

選挙ともなると責任論が浮上してくるのが恒例だが、
安倍という人は、どうやらその責任論を語ることについて
そこまで積極的ではないらしい。

まあ、確かに、何処かの政党の代表者みたいに
「負けたら政界引退」みたいな大袈裟なことを言うのも
バカらしいと言えばバカらしいだろう。

よって、責任の所在を敢えて明確にしないことで
その何処かの政党との差別化を図りたいとする
安倍の心情はわからないでもない。


・・・が、それでも選挙で思いも寄らぬ結果が出て、
責任論をあれこれ言われた場合、
果たして安倍は抗いきれるのだろうか。
外から言われる分には無視を決め込むことも可能だろうが、
問題は自由民主党の中からそれを言われた場合である。

特に安倍に近いラインからそれを言われたら、
安倍はどうするつもりなのだろう。

これまで通り受け流すのか、言うことは聞くのか。
どちらに転んでも安倍にとっては難しいだろう。
posted by KAZZ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

政治家自らバカ親ぶりを実戦する杉村太蔵

水野真紀、太蔵議員にチクリ(Yahoo!JAPAN/デイリースポーツ)

デイリーはYahoo!以上に記事の足が速い(掲載期間が短い)ので、
残念ながらデイリーのサイトからは見つけられなかった。
よって、Yahoo!から見つけてきたが、
この記事もいずれは削除されるであろう。

そこで、全文を引用する。

 女優で後藤田正純衆院議員夫人の水野真紀(37)が4日、都内で行われた「ロワールワイン ソムリエコンクール」の授賞式に出席した。
 グルメでワイン好きでも知られる水野だが、05年に長女を出産してからは「授乳にアルコール分が出てしまうので禁酒していた」という。だが「もう卒乳したのでこれからは飲んでいきたい。夫婦ともにリタイアしたらフランスでワイン巡りをしたい」と笑顔を見せた。
 先日、杉村太蔵衆院議員が自身の週刊誌での連載で、生後2カ月の長女を自宅に残したまま夫婦で食事に出掛け、戻ってきたら具合が悪くなっていたと告白した。このことに触れ、「子供に何かがあったら自分が後悔することになるので私にはできません」、代議士の妻として母としてやんわりと忠告した。
(上の記事から全文引用)


世の中には、パチンコなどをしたいがために、
自分の子供を車の中に事実上閉じ込めて
死ぬような目に遭わせて(あるいは実際に死なせて)も平気な
「親」と称する無責任な成人が多く存在するようだが、
自由民主党に所属する杉村太蔵だかいう馬鹿者・・・
・・・失礼、若者も、どうやらその部類に入る成人らしい。

杉村は週刊「SPA!」に持っている自分の連載記事の中で
嫁と食事に出かけたいという理由で自宅に子供を置き去りにし、
戻ってみたら子供の具合が悪くなっていたことを告白したという。

女性週刊誌などでは早速この行為が叩かれる始末で、
とある女性週刊誌の記事を読んだら、
批判に対して逆ギレする杉村の回答まで載っていた。

同じく自由民主党に属する後藤田正純の夫人であるところの水野真紀は
それをとあるレセプションでチクリとやった、とデイリーの記事にある。

まあ、一般的な生命に対する感覚を持つ人物であれば、
杉村の方がおかしいと思うのは当然であって、
子供より嫁との食事の方が大事だなどと思っているような人物が
少子化対策だの教育改革だのを口にすることは
間違ってもできないと思われる。

この一件は、これまで杉村がしでかしてきた多数のミスとは
少々趣が違う。自分の子供の命に関わる問題である。
たまたま子供は具合が悪くなっただけで命に別状がなかったが、
もしこれで彼ら夫婦の子供が亡くなってでもいたら、
杉村は如何なる申し開きをするのであろうか。
「我が子の死を乗り越えて政治に邁進する」図でも描くつもりだろうか。

その辺を杉村に問うてみたい気がするが、
どうせ逆ギレされた挙げ句、
わけのわからない回答をされて終わりであろうから止めておこう。
posted by KAZZ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

それならば

原爆投下の正当性、米核不拡散担当特使が強調(讀賣新聞)

どんな種類の戦争でも核兵器使って終結させちゃえばいいのに。
日本に対する原爆投下を正当化できるぐらいなら、
他のケースでもやっちゃえばいいだろう。

アメリカの言う原爆投下正当化というのは
実に身勝手な論理に過ぎず、
これ自体、滑稽の極みなのだが、
未だに斯様な論理を押し通そうと躍起になっている。

この論理を何処までも正当化しようというなら、
ベトナム戦争や湾岸戦争、イラク戦争など
アメリカが関与した他の戦争でもやればよかった。
世界的に袋叩きに遭おうがどうしようが、
断固強行してしまえばよかった。

それを何もせずに論理だけを声高に唱えるのだから、
実に御都合主義というかナメているとしか言い様がない。

我が国は、こんな支離滅裂な国に原爆を落とされたのである。
posted by KAZZ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

しょうがない

さて、今日から始まる当ブログ。最初のネタは・・・

首相、久間防衛相に「誤解を与える発言は厳に慎んで」(讀賣新聞)

先日、千葉県内で講演した久間防衛大臣が
アメリカの原爆投下を「しょうがない」と言ったことに対して、
総理大臣・安倍晋三は記事にあるような言い方で
久間に注意を与えたらしい。

が、そんな建前論ではなく、
「選挙が近いんだから余計なことを言うな」ぐらいのことを
どうせなら言ってやったらいいのではないか。

現に、広島・長崎とは何ら関係がないと思われる
以下に挙げる議員からもクレームがついているではないか。

自民・保坂議員が久間防衛相の辞任要求(讀賣新聞)

この保坂三蔵なる議員は、今夏の参院選に
東京選挙区から立候補するようであるが、
この議員だって結局は「選挙に影響するから」
斯様なクレームをつけたのであろうことは容易に想像できる。

全く、しょうがない人たちである。
posted by KAZZ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。